女性からも自然にデートにいざなう誘い方

デートにいざなうのって、とても勇気がいりますよね。当然、女性から誘ったら「必死な女」「がっついてる女」「遊び女」「男好き」などマイナスで不快イメージがもたれてしまうのではないかと不安に思ってしまうよね。でも実は、お誘いを控える男性は多いんです!そこで、男性からマイナスで不快イメージを持たれずに、会話の流れで自然とデートに誘える誘い方をご紹介します。

【相手の好きなものを取り入れる】ことは定番の導き方だ。自分の趣味・趣向と見合う人、もしくは耳を傾けて得る人ってめっきり魅力的ですよね。趣味・趣向の話はどこかしらでなるはずです。その時に相手の趣味・趣向や好みなどを聞いておきましょう。あとは、いざなうだけ!例えば、スポーツ観戦が好きな人が相手なら、「スポーツ観戦楽しそうですね!〇〇さんがスポーツ観戦行きに私も一緒に行きたいだ!」や「私もスポーツ観戦好きです!今度一緒に行きませんか?」などと誘ってみましょう。自分もおんなじ趣味・趣向、好みならもちろんいいのですが、自分と違うものでも、大丈夫です。”あなたのおかげで興味をもった”というニュアンスを入れましょう。そうすると相手への特別感が出て好感度アップが期待できます。

【相談をもちかける】のも1つのテクニックだ。相手と会話をする中で、相手の得意分野を訊くことがありますよね。その得意分野に頼るように相談を持ちかけつつデートにいざなうとより自然で、”あなたを狙ってる感”は出ません。例えば、「〇〇がほしいと思っているのですが、迷ってって・・・。なにかおすすめありませんか?よかったら一緒に選んでくれませんか?」という風に言います。人間だれしも頼られたいものですし、もちろん得意分野なら会話も弾み、相手もデートを楽しみにして待っていてくれそうです。また、「〇〇というお店に行きたいんですけど、ひとりじゃ赴き難くて・・・。一緒に来てくれませんか?」などと、用いる形でいざなうのもGOODだ。

こういう導き方は、実際の会話だけではなくて、メールや、ラインなどのSNSも使えます。ぜひ意識して使ってみて下さい。そして、素敵な相手とのデートを存分に楽しんできてくださいね?Webサイト

女性からも自然にデートにいざなう誘い方